読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コスプレでコンサルやってますけど

流れ着いた先は、似非頭脳派ドMコンサルファームでした。完全に肩書き詐欺感が否めない新人コンサルの僕が、体内から溢れ出た何かを置いておく場。

もういないあなたへの手紙(今年の初めごろの文章です)

おはようじょ。くろえです。

11月になり、ますます寒さが身にしみる昨今ですね。いかが過ごしでしょうか。

さて、更新しようと思っていたブログの記事(過労死の続き)が吹っ飛んでいて執筆意欲を大幅に削がれたので、さっき見つけた、今年の初頭に書いたブログの下書き(鍵付きってことは非公開にしていたのかな?)を謎に晒します。

私にしては短く、すっきりまとめており、すごいな過去の私、とも思ったり。

まあこれ、半分くらい創作(フィクション)なんだけど、こういう気持ちだったんだろうね。今はすっかり懐かしく、そして微笑ましくも思います。

 

---

 

こんにちは。

今頃あなたはどこかで誰かと幸せに暮らしていると思います。

でも、その事実だけで十分です。

あなたと一緒だったらどこまででも行ける、そんな夢を持っていた時期もありました。
私とあなただけの世界でも、きっと何か新しい概念、事象、ふたりだけのもの、が生み出せると信じていました。

優しい言葉を、言葉のままに信じたいと思っていました。私のことばも、あなたのことばも。

届かない、叶わない、とわかっていたけど、やっぱりそうなんだ、と思った時には少しだけ傷ついたふりをしました。

そのときは、人生の春が終わってしまったような感じがしました。今だってそうかもしれません。

それでも生きて行かなきゃいけないらしい。

 

もっといい明日がある期待を捨てられない。生きているからには、捨ててはいけない。

だから、ちょっとだけ忘れて、すごく引きずって、でも、これからも生きていこうと思います。

 

とっても優しくて、とっても温かくて、とっても幸せな時間があったのは、真実だと思います。

さようなら、ありがとう。